インタビュー
教授インタビュー
第三弾 宮下 規久朗准教授 〜神戸大学〜 × 神戸大.com

神戸大学文学部の宮下規久朗 先生にお話を伺ってきました!

それではインタビュースタートです!
西洋美術史学の魅力というのはどういったところにあるのですか?
宮下教授:
美術史学というのは美術作品を研究する学問なんです。ふつうは歴史学というのは文字を扱うのですが、美術史学では文字に現れないものを扱うということで、文字よりもイメージのほうが豊かな情報を持ってるんですね。コンピュータの画素数でも文字よりも圧倒的に画素数のほうが大きいということがありますでしょ。ですからイメージから情報を引き出す、あるいはイメージの語る言葉を読み解くというのが美術史学なんですね。ですから、美術鑑賞とか芸術とか言うとちょっと主観的な部分もあるんですがそういうものではなくて、あくまでも視覚資料を歴史学の題材として扱う、視覚資料からいろんな情報を引き出す、それが非常に面白いんですね。イメージっていうのはどれだけでも情報が引き出せますから、尽きないところがある。しかもイメージとか絵が好きな人にとってはそれが趣味になる。

なるほど。興味を持ったきっかけはなんだったんですか?
宮下教授:
小さい時から絵が好きだったということがあるんですね。物心ついた時から絵が好きでしたし、最初はでもね、画家になろうと思ってたんですよ。画家になろうと思ってたんですけど、どうやら自分に才能がないということがわかってきてですね、それでは食べていけないし、で、見ることも同じくらい好きだったんで見ることを仕事にする、たとえば美術館で働くとかそういう仕事があるってことに気づいたんですね。それでこの道に入ったわけです。

この美術史研究室の特色はどういったところですか
宮下教授:
あくまで美術作品を実際に見るということを大事にしていまして、机上の空論とか文献の上でのことではなくて、実際に見に行くということを重視しています。つまり、フィールドワークが神戸大学美術史研究室の最大の特色で、実際にこの研究室の卒業生たちは現場で活躍しているんですね。基本的に毎週一回美術館を訪ねてOBたちの話を聞く、つまり美術館あるいは博物館とこの研究室は連動していくっていうのがうちの特色です。
先生の学生時代についてお聞きしたいんですけれども、学生時代に熱中していたものはありますか?
宮下教授: 
大学生時代は、詩吟というものをやっていまして、それを結構男ばっかりの世界でかなり練習が厳しくてしかも大酒を飲むっていうので鍛えられましたね。

それはサークル活動ですか?
宮下教授:
サークル活動で詩吟研究会っていうので、最後は私が会長になったんですけれども、年に一回会場を借りて吟じるというのをやっていたんですけれども、勉強の中身としては、私はイタリアとかフランスのことをやってますから日本のものをやるのはバランスがとれて、お寺に行ったりということもしていましたし…そのぐらいでしょうかね。

西洋だけではなくて日本の美術にも興味があったんですか?

宮下教授:
ええもちろん。日本の文化は大事ですし、美術というものは結局西洋も日本も中国もないんですよ。けっきょく言葉の壁がないですから、共通の言語なんですね、イメージというのは。ですから西洋美術をやってる人が日本の美術に興味がないというのはあり得ないし、その逆もあり得ないって感じで、同じイメージとして扱いますから。ですから私は、最初西洋美術史専攻っておっしゃったけどそうじゃなくて、美術史専攻で、内容はあんまり関係ないんですよね。ですから、いちばん最近出したのも日本の美術に関する本でしたしね。
学生時代は勉強熱心でしたか?
宮下教授:
1,2年の時はまったくしてなかったんですけれども、3年になってからかなり美術史学の面白さにのめりこんできまして、3年生の後半から4年生にかけて大学院も意識するじゃないですか、それで勉強したんですけれど1,2年の時はだらだら遊んでましたね。でもね、もっとその時に語学を一生懸命やっておけばとか、本を読んでおけばってあとで思いましたけれども、逆にそのゆるんだ時期があったからこそ勉強を頑張れたのかなと思っています。

バイトはしていましたか?

宮下教授:ええ、バイトも各種しましたね。

たとえば何をやられていましたか?

宮下教授:街でティッシュ配るアルバイトなんかはね、かなり私プロなんですよ。必ず私が差し出したら受け取ってもらえるという域まで達して、よく自分がもらうときはアドバイスしてやりたくなりますね。その渡し方じゃ誰も受けとてくれないぞっていう。

へー笑。ティッシュ配り以外はどんなバイトをしましたか?

宮下教授:政治のですね、たとえばなんとか党とかあるじゃないですか。社会党とか。それのサクラやりましたね。選挙の時に行って聞くとかね、なんか掛け声かけるとか、結局そういう変なバイトで、ああいうのは変ないい加減な世界だっていうのはよくわかったんですよ。
先生は以前美術館に勤めておられたそうなんですけれども大学の教授になったきっかけというのはどういうところにあるんでしょうか?
宮下教授:
わたしは学芸員になってから、今に至るまで基本的に美術史家として同じだと思ってるんですよ。職場が変わっただけで、美術館の時は義務として展覧会やったりして、大学だったら授業やってっていうので、自分のやっている研究はずっとありますから、研究者との側面ということでは変わりないんですね。ですからそれはちょっと環境が変わったくらいで、教授になるきっかけっていうのはほとんどなかったんですよね。学芸員というのは体力が大変で、一生続けられないんじゃないかなという気がしたんですね。トラックに乗って一週間ぐらいずーっと作品借りにまわるとかね、徹夜して展示するとか。それでなんとなく大学のほうがよく見えたんですよ。

はは。実際はどうだったんですか?

宮下教授:実際はね、まあ大学なりの苦労というのはありますけども、ただやっぱり体力的には大学のほうがだいぶ楽ですね。美術館はやっぱり肉体労働の世界ってのがあるんですよ。自分で展示しないといけなかったりしますから。

壁にかけたりですか?

宮下教授:そうなんですよ。壁に掛けるのもちょっとした展示会だったら自分たちでやらなきゃいけないんですよ。わたし脚立に上るのが苦手だったんですけれども高所恐怖症で、苦手なんて言ってられない世界でしたから。

相当厳しいものがあったんですね

宮下教授:ただそれなりに刺激もあって面白かったですね。

人生で挫折を味わったことはありますか?

宮下教授:まず大学に入る時浪人してますから、浪人の一年間というのはやっぱり非常に挫折感を味わいましたね。浪人するのは当たり前だって言えば当たり前なんですけれども、なんとなく根なし草のような感じがしたし、高校時代は全然勉強してなかったんで、浪人の一年間は本を読まないでおこうって決めたんですね。本断ち。それから展覧会も美術館もいかない、友達とも遊ばないっていう非常に禁欲的な生活してたんで、誰ともしゃべれなくてちょっとおかしくなりそうだったんですが、まあ挫折っていうかね若いころだからできたんですけれども。あとやっぱり美術館にいる時にやっぱりいろいろと仕事上のトラブルってのはありまして結構苦労はしました。たとえばね美術館で購入した作品が高いんじゃないかってマスコミからたたかれたり、税金を使って買ってるのに。学芸員が不当に画商から利益もらってるんじゃないかとかそういう風なスキャンダルがあって結構苦労しました。苦労しましたけども、挫折ってほどでもないですね。

ということは、挫折ということでは、そこまで大きなものはなかったわけですね。

宮下教授:うーん。まあでも日々小さい挫折はしょっちゅうしてますよ。やっぱり。
先生は忙しいというイメージがあるんですけれども、一日のスケジュールはどのようになっているんですか?
宮下教授:スケジュールはですね、大学で授業やってそのあと家で原稿を書く、あるいは論文を読むっていう。それでですね、家にいる時間が結構長いんですよ。つまり私毎日ですね、今日は朝から授業ありましたけど、基本的に寝る時間はあまり変わらなくて、4時5時まで起きてるんですよ。ですから夕ご飯を食べてから、あるいは外で食べてきてもですね、12時前からの4,5時間てのは一番私の中で大事な時間でですね、その間に集中して読書したり文章書いたりしているんですね。昼間は曜日によって教えに行くところが違ったり講演会にいったり食事に行ったりしていますけれども、夜の時間がやっぱり一番大事、それは学芸員時代からそうなんですよ。

では学校では授業以外はどのようなことをしているんですか?

宮下教授:学校には授業終わったらあまり滞在しないんですよ。昔は研究室にずっと泊まり込んで研究室で仕事やってたんですね。泊まったりそこでワープロ打ったり。最近は家のほうが居心地が良くなって。お風呂があるってこともあるしここは夜食べ物ないじゃないですか、周りに何もないし。で、家で仕事するようになったんで学生の指導や授業やってる以外は学校にいないんですよ。
文学部についてなんですけれども、文学部にはどのような学生に来てほしいですか?
宮下教授:
文学部はやっぱり一つのことが好きとか、ジェネラリストとかなんでも常識的に知ってるよりはこだわりがある人に来てほしいんですよ。べつにそれがどんな分野であってもいいんですけれども、こだわりがある人とない人っているんですよね、若者でも。なんでも適当に好きだけれども、のめりこむものがない。のめりこむものがある人が文学部に来ると伸びるっていう気がします。のめりこむものがない人は、経営学部や経済学部に行ったほうがいいと思います。文学部にいる以上は勉強と関係なくても奇妙なこだわりとか変な趣味とか、そういうクセがある人に来てほしい。実際私十数年いますけれども、そういう人のほうが伸びてるんですよ。結局面白い研究やったり論文書いたりするのはみんなそういう人ですね。

確かに文学部は僕の周りでも変った人が多いですね。

宮下教授:変わった人多いでしょ。僕も神戸大のほかの学生と比べても一番おかしい人が多いと思いますよ。

文学部ならではの仕事は何がありますか?

宮下教授:たとえば、歴史学をやったからって、学校の先生になるとか資料館に勤めるとか、それも一直線でいいと思うんですが、たとえば会社に入っても、社史といって 会社の歴史を編纂する部署にまわされたりとかで、意外と生きてくることが多いんですよ。人文学といって哲学とか歴史学とかそういうものってのは、いろんな 学問の基礎になってるんですよね。いろんな考え方の基礎ですよね。書類一つとってもですね、言葉づかいとか言葉の感覚に鋭敏な人が文学部には多いんですよ。たとえば文字の表記の仕方とか、こういうフォーマットの種類にしようとか、そういうことって意外に文学部で学んだことが活きてきますね。

そこは文学部の強みですね

宮下教授:強みですね。文学部は結構そういうのにこだわって、ほかの学部にはない妙なこだわりってのがね、それは先生にもあるし、学生にもあるんで、会社に入ったときに「おまえ変なところにこだわるなー」みたいなこと言われて、それが活きている人が多いんですね。私の教え子の大半は民間企業につとめていて、彼らとはよく飲んだりするんですけど、よくそういう話が出るんですよ。文学部でやったことがこんなところに生きてくるとは思わなかったって。文学部って結構親兄弟からみると道楽だとかね、つぶしがきかないとかいわれるけど、そうではないと言いたいんですよ。意外と社会のあらゆるところに行っても文学部の人たちが活躍してるんですよね。

基礎的なところでですね

宮下教授:基礎的なところなんですよ。言葉とかね、ビジュアル面もそうです。たとえばポスターとか作るときでも文学部の人のセンスってやっぱりちょっと違うんですよ。

芸術家に近いものがあるんですね

宮下教授:そうです、そうです。感性ですからね。ですから言葉や絵や歴史に対する感性が鋭敏で、それが文学部の四年間でまた鍛えられるんですね。
海外の学生と日本の学生の意識の違いというものはありますか?
宮下教授:
海外では文学部は尊重されているんですよ。つまりリベラルアーツあるいはヒューマニズムといいまして、いろんな学問の基礎がある。でも日本の会社のおじさんたちっていうのは芸術とか文学ってのは女子供の道楽だと思っている人が多いんですね。文学部に対する社会の認識が冷たいんですよ。これは文科省の予算の配分を見ても歴然とわかりますし、やはり実学重視なんですね。ところが海外ってのは中世に神学からはじまってますから、実学以前に哲学とかそういうものがあるんですね。それが大きな違いで、文学部が日本で弱いのはそのせいかなと思ってしまうんですけども。アジアは日本と似てますよね。中国なんかは最近実学重視で理系尊重ですけども、そのへんが学問の伝統っていうかね、本来東洋でも儒学があったんですけれども、切り離されて近代まで大学ってできてますから、それで文学部はちょっと旗色が悪いんですよ。海外では文学部の学生が一番威張ってたりするんですね。たとえばハーバードに行っても哲学は学問の長であるとかですね。美術史なんて言うのはローマ大学では100人も先生いるんですよ。神戸大は二人しかいなんですけれども。圧倒的に大きな大勢力なんですね。工学部よりも美術史学のほうが大きいんですよ、というのでまるで環境が違うというのはわかりますね。どちらがいいとはいいませんけれども。

たしかに海外は美術を大事に思ってますよね

宮下教授:
大事だしそれが文化だと思ってるんですよ。道楽や趣味ではなくて文化だと。日本の人で海外に赴任したひとは必ず美術好きになって帰ってくるというか、美術が一般的な教養であるということを植え付けられて帰ってくるんですよ。海外のパーティーなんかに行くとあんまり仕事の生臭い話とかしちゃいけないんです。美術の話が圧倒的に多いらしいんですよ。映画の話か音楽の話か美術の話。海外はどこに行っても自分のところの美術館をほこりにおもっていますから、「うちの美術館どうでした」なんて話になって、いやいやオジサンたちは行くわけです。そのうちにだんだん好きになってきて、帰ってきてから美術のカルチャーセンターに来たり、わたしの授業も15人も聴講生がいるんですよ。全部リタイアした人です。ほとんどが神戸大の経済や経営学部を出て、一回会社に入って海外暮らしをして美術史の知識が必要だと感じて聴講に来ている、そういうわかってくれる人もおおいんですけど、ただ若い人は日本にいる限りなかなかわかんないでしょうね。

なるほど。グローバルスタンダードのずれがあるんですね

宮下教授:ずれがありますね。日本は文化面に冷淡な気がする。

そういう面では文学部は海外に近いんですね。

宮下教授:そう海外に近い。文学部がどれくらい尊重されているかはその大学のバロメータじゃないかと、文化的な余裕じゃないかと思います。文学部が中心の大学っていうのは余裕があっていい伝統をもった大学が多いですね。
今の大学生、文学部に限らず、学生に臨むことっていうのはなんですか。
宮下教授:
さっきの話の延長なんですが、何か打ち込むものがない。で打ち込むものっていうと大体上品に勉強とかスポーツとかね、ボランティアとかそういうものじゃなくていいと思うんですよ。のめりこむものがあれば、別に合コンにのめりこんでも女狂いでもいいし、アニメでもなんでもいいと思うんですよ。なにかをとことんまでやるっていう経験ができるのは大学生だけなんですよ。社会に出たら趣味に突っ走るってことはできませんから、なにかその一つ自分のこだわりを突き詰めてほしいと思います。政治活動でもいいし、宗教でもいいと思います。

先生のこだわりはなんですか?

宮下教授:唯一の楽しみといってもいいんですが、私は食べるものに結構…本当は研究が趣味なんですが研究も仕事になると論文の締め切りとか本をいつまでに書かなきゃいけないとかね、結構プレッシャーになるんですよ。やっぱり食べることというのは純粋な趣味として、人に迷惑かけませんし…お酒も好きですしね。おいしそうな店とかをネットとかでチェックしてそれにいくとかねそういうことは非常に私こだわってます。うどんだったらどこじゃなきゃだめだとかラーメンだったら…とかそういうのはかなりこだわってます。

今後の目標を教えていただけますか

宮下教授:今コンスタントに本を出してますけれども、このままのペースで本を出していきたいなと。それもどんどん領域を広げていきたいなと思ってるんですよ。軽い本も多いんですけれども、それなりに自分の研究の幅が広がっていくような、そういう本をコンスタントに出していきたいなと。

なるほど。どうもありがとうございました!
○インタビュアー感想
宮下先生は本当に面白いお方で、美術に対する熱い思いがビシビシと伝わってきました。日本では世間的な評価が厳しい文学部ですが、海外ではそうではないこと、学生の意識も高いことなど興味深いお話をしていただいて本当に面白かったです。実学だけでなくその根底にあるものに目を向けることの重要性を学びました。本当にありがとうございました!
インタビュー一覧ページへもどる
神戸大.comトップページへもどる